1. セフレハック
  2. セフレ出会い体験談
  3. ≫行き付けバーで逆ナンされ家にきたパイパンビッチとエッチした体験談

行き付けバーで逆ナンされ家にきたパイパンビッチとエッチした体験談

行き付けバーで逆ナンされ家にきたパイパンビッチとエッチした体験談

セフレ出会い体験談に久しぶりの投稿がありました。

投稿名は「あぱ」さんです。

いま不倫問題の最中にある人気俳優のHさんのようなニックネームですねw

「あぱ」さんは女好きの独身35歳です。

イケメンゆえのモテ男のため、飲み屋や職場ではチヤホヤされるとか…。

今回はモテない男子がもっともイラつく「あぱ」さんが行きつけのバーで逆ナンされ、お持ち帰るしたときの体験談記事となります。

ブサメンの方は発狂するのを我慢してみてくださいw

イケメンすぎて女遊びにはまった悲しきミドルエイジ

イケメンすぎて女遊びにはまった悲しきミドルエイジ

どうもはじめまして。

「あぱ」と言います。

「セフレハック」さんはよくランキングで見かけるサイトなので、ちょうど私の体験談を投稿して、おおくの人に見てもらいたいなーと思っていました。

今回機会をいただき管理人さんありがとうございました。

私は静岡出身の東京住まい、独身アラフォーミドルエイジです。

見た目はよく男から女からもイケメンと言われます。

ジャニーズの嵐の「マツジュン」似だと人からはチヤホヤされています。

そんなモテ体質の私が今日は、実際どんな風に女からチヤホヤされているか、記事を書いてみたいと思います。

「セフレハック」の読者さんは男性がほとんどだと思いますが、事実を書いていくのでどうかイラつかずに見てやってくださいw

行きつけバーで一人で飲んでいたら逆ナンされてしまったw

行きつけバーで一人で飲んでいたら逆ナンされてしまったw

仕事に疲れて、もうダメポヨってなっているある週末の夜。

自宅近くの行きつけのバーに癒されにいきました。

いつも朝方5時くらいまでやっているバーなので、私は週末はいつも閉店前の4時くらいまで行きつけバーのカウンターで飲んでいます。

マスターとも仲がいいので、お客さんがあまりいないときは二人で語ったりしています。

ちょうどその時は店内が混んでいて、とても静かに飲めるという環境ではありませんでした。

飲み始めが夜の11時くらいで、混み具合のMAXが12時くらいでした。

ちょっとお店をかえようかなとおもったとき、いきなりホットパンツをはいたショートカットのちょいブスな女の子に声をかけれられました。

「ねぇ、お兄ちゃん!イケメンだね!一緒に飲もうよ!」

いまどき、こんな逆ナンしてくる女の子いるんだというくらいストレートで吹きそうになりました。

よくよく彼女を見てみると、かなり酔っ払っている様子。

一席だけあいていた私の隣のカウンター席へ遠慮もしないで、座ってきました。

さすがに酔っ払っているという勢いもあるのか、いつもこんなことしているのかわかりませんが、まあ女の子と話できるならと割り切り、帰るのをやめてバーで飲み続けることにしました。

彼女の連れは、店内にある別のテーブル席におり、全員外国人男性というわけのわからないメンツw

グローバルな女の子なの?www

逆ナン女が別の客とケンカはじめたwww

逆ナン女が別の客とケンカはじめたwww

しばらく彼女と仕事やご近所話しでそこそこ盛り上がりつつ話しをしてました。

彼女はどうやら外資系のアパレル会社に勤めていて、内勤業務をしているようです。

ネット通販とかの部門のディレクター的な立ち位置みたいです。

なんか頭のよさそうな仕事内容ですが、話していると「コイツあほだわー」って部分が多々見られましたw

そして連れである謎の外国人集団は先に帰っていき、三時くらいになるとカウンター席には私と逆ナン女の二人だけに。

すると、別のテーブルにいた酔っ払った男性の団体客に、いきなり、

「ここあけてもらえる?座りたいから・・・」

バーのマスターが制止しようにも、その勢いにどうしようもできなく・・・。

当然の結果ですが、テーブル席に座っていた団体客もキレてしまい、

「うるせーよ、メスブタ!消え失せろ!」

と怒鳴りつける始末。まあ当然といえば当然なんですけどね・・・。

店内は修羅場かしつつも、マスターの心意気でなんとかことなきをえました。

私も見ずしらずの逆ナン女のために、見ず知らずの男性団体客に頭をさげるというわけのわからない展開に・・・。

ちょっといずらくなったので、マスターに会計をお願いしました。

すると、なぜか逆ナン女も会計をすませ、カップルのごとく私についてくる始末・・・。

「えっ?俺かえるけど・・・」

彼女にこういうと、

「うん、ついていく!」

逆ナン女が俺んちに来たwww

逆ナン女が俺んちに来たwww

バーから自宅までは徒歩10分ほど。

恋人ともなければ、友達でもない・・・。

ただバーで声をかけれただけの関係。

その彼女がなぜか私の腕を組んでいます。

これは誰がどう考えても、自宅でセクロスしかないという想像しかありません。

イケメンゆえに声をかけられ、特に私にはその気がないのに、逆ナン女が酔っ払いながら私の腕をつかんで自宅にむかっている。

どうみても滑稽(こっけい)としか言いようがありませんw

面倒くさいから、家で寝て、朝起きてすぐに帰ってもらおう、そう思っていました。

たぶん自宅に持ち帰る=セクロスをするという流れが男女の仲の暗黙のルール的なものかもしれません。

でも好みではないし、ましてお酒がはいっているから積極的にエッチしたいなんて思わないわけです。

酔って寝かけたらパンツずらされフェラされた

酔って寝かけたらパンツずらされフェラされた

といろいろ考えながら酔っ払いの逆ナン女と自宅へつきました。

とくに家では会話もなく、

「寝るならそこのソファで寝な、毛布はこれね」

と渡すと、

「えっ?しないの?したい~」

と急にうさぎちゃんのようにセックスを求めてきました。

私はイケメンで女には困ったことはありませんが、ここまで積極的でビッチな女は初めてです。

しかも会った当日に、男である私がそこまでノリ気でもないのに、女性側から激しくせめられるなんて・・・。

といってもやる気がなく、眠気もマックスまできていました。

「いや、寝るわ!」

といい、ベッドに横たわりました。

5分後くらいに、逆ナンビッチ女が私が寝ているベッドにあらわれ、なにやら布団をもぞもぞしはじめました。

「舐めるからね」

といきなり言いだし、スウェットをずらし、生フェラをはじめてきました。

私もまんざらでもなく、おちんちんがフル勃起してしまいましたw

しかも妙にフェラテクがあり、イキかけた場面が2~3回ありましたw

このままイケればすっきりした状態で寝れるなと思いつつ、つむっていた目をあけると、逆ナンビッチ女はいきなり、きていた服を脱ぎ始め全裸になりました。

パイパンビッチ女が勝手に騎乗位でイッてたw

パイパンビッチ女が勝手に騎乗位でイッてたw

おいおい、まじかよ!と思いつつ、逆ナン女の裸体を見ました。

するとどうでしょう、アダルトビデオしかないと思っていたパイパンじゃないですか!

裸体に興奮するのではなく、パイパンに妙に興奮してしまいましたw

私は、

「なんでパイパンなの?」

と彼女に聞くと、

「だって男の人はパイパン好きでしょ?」

という始末。

これ絶対にほかの男と日常的にヤリまくっている正真正銘のパイパンビッチだなと思った瞬間でしたw

そして、裸になった状態で、フェラで勃起させられたチンポを騎乗位になり挿入してきました。

前後上下と激しく腰をふり、私がイク前にパイパンビッチが勝手に

「う、いく・・」

と言ってイッてました。なんじゃこりゃw

私は結局イケず自前で、そのまま眠ってしまい、朝になると、

「じゃあ、またね!」

といわれすぐ帰っていきました。

結局なんだったんだろうと思いましたw

連絡先も聞けずじまいだし・・・。本当に真性のビッチってこのことを言うんですね。

イケメンゆえに女遊びはすきですが、ドン引きするくらい攻められたのは初めてでいい経験ができました。

このわけのわからないバーからの展開をどうしても体験談として残したく、「セフレハック」さんに投稿させていただきました。

長々と意味のない自慢話しのような記事で申し訳ないですが、読んでいただきありがとうございました。

ホーム→セフレハック – 最強セフレの作り方!出会いから掲示板活用法

いまもっともセフレが作りやすい出会い系は・・・

2017年人気出会い系サイトランキング